自毛植毛の仕組みとは

薄毛とは突然髪の毛が無くなるのではなく、抜け毛により徐々に進行していきます。

つむじ周辺の頭頂部から薄毛になる人と、おでこから後退していく人と個々により異なります。

自毛植毛は後頭部や側頭部など、髪の毛が多くあるとことから採取し、薄いところに植え込みます。

自毛植毛の施術方法は色々ありますが、移植片となる株ごと採取して埋め込んでいきます。

自分の髪の毛を使用することで髪質や色は変わらず、移植後の拒絶反応がほとんど無いというのが最大の特徴です。

メスを使用して特殊な器具で埋め込む方法は、料金が安くスピーディーなのが特徴です。

メスを使用しているため、縫合技術の高さも要求されます。

メスを使用せずに吸引して採取する方法もあります。

傷跡は目立たず、生着率も高いので広範囲での植毛に優れています。

クリニックにより施術方法は異なるので、複数のクリニックを比較してみるといいでしょう。

無料でカウンセリングを行ったり、体験したりできるクリニックもあるので利用してみてはいかがでしょうか。

薄毛の悩みを解消する手段として育毛や発毛、かつらや植毛などを考える人は多くいます。

中でも近年注目されているのが自毛植毛です。

植毛というと以前は人工の髪を使用していましたが、今では自分の髪の毛を使用することで、生きたままの髪を植え込むので成長していきます。

自毛植毛は髪の毛が多く残っている後頭部や側頭部から採取します。

後頭部も薄くなってしまったらと、不安な方も多いと思いますが、後頭部は薄毛の原因である男性ホルモンDHTの影響を受けにくいため、ほとんどの方がしっかりと残っています。

皮膚ごと採取して移植しますが、自身の細胞なので拒否反応も少なく生着率が高いのが特徴です。

採取にはメスを使用する方法の他、吸引して採取する方法など種類があり、クリニックによりその技法は異なります。

メスを使用して採取する方法は、角度や間隔など自在に調節することができるので、狭い部分の移植に適しています。

また、吸引して採取する方法は、頭皮へのダメージも少なく、高密度の植毛に優れています。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。