自毛植毛を選んだ理由

植毛には人工毛植毛と自毛植毛があるのをご存知ですか?

文字通り人工の髪を使用しているか、自分の髪をしているかというのが大きな違いであります。

アメリカでは以前より既に自毛植毛が主流でありましたが、日本で注目されたのは近年のことです。

貴重な自分の髪の毛を使用することに、戸惑いを感じる人もいると思いますが、自毛植毛には多くのメリットがあります。

自分の髪を使用するため細胞による拒絶反応が少なく、生着率が高いのが特徴です。

生きたままの髪を皮膚ごと移植するため、生着すると髪は成長します。

メンテナンスを行う必要が無いので、新たな費用や手間が掛かる心配はありません。

自毛植毛の費用は決して安いものではありませんが、長い目で考えるとメンテナンスが必要な人工毛植毛に比べ、必ずしも高いとは限りません。

また、リスクが低いので安心して施術することができます。

移植方法には様々な種類があります。

クリニックにより方法は異なるので、事前に調べ実績があり信頼のおけるクリニックを選ぶことをお勧めします。

薄毛の対処法として考えられるのが、発毛剤や育毛剤、かつらや植毛ではないでしょうか。

進行度合いにもよりますが、抜け毛が多く薄毛の心配をしている人は、頭皮のマッサージを行い、血行を良くすることで毛根を丈夫にすることもできるでしょう。

また、初期段階でしたら発毛剤や育毛剤の効果も高いものと思います。

しかし、治療薬での効果が得られず、薄毛が進行してしまう場合にはかつらや植毛を考えることでしょう。

ずれる可能性もあるかつらは違和感があり、メンテナンスも必要なので躊躇する人も少なくありません。

今では技術も進歩している植毛を選ぶ人が増えています。

中でも自分の髪を使用した自毛植毛は、世界的にも注目されており、海外では多くの方が自毛植毛を行っています。

人工毛と違い生きた自毛を使用することで、拒絶反応によるトラブルは少なく、生着すると髪は成長していきます。

為す術がなく諦めていた薄毛は、自毛植毛を行うことで解決できます。

生え揃うのに時間を要したとしても、髪が生きており、成長するというのは魅力的ではないでしょうか。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。