自毛植毛の相場と価値観

薄毛対策として育毛剤などを使用する人は多いと思います。

髪を丈夫に育てる手助けをしてくれますが、あくまでも髪が生えているということが前提であります。

髪が抜け無くなった部分に育毛剤を使用しても、髪が生えてくるわけではありません。

無くなった部分の髪を蘇らせるには、自毛植毛が必要となります。

自毛植毛とは後頭部や側頭部にある自分の髪を移植する方法で、生きた髪を生着するため再び成長していきます。

魅力的ではありますが、費用はどれくらい掛かるのか気になる人は多いのではないでしょうか。

範囲や密度により値段は異なりますが、生え際などの狭い範囲で40万~80万円位、前頭部から頭頂部の広範囲では140万~170万円位が相場となっています。

保険が利かないため、高額なのに驚き躊躇する人も多いことでしょう。

しかし、再び髪が蘇るのであれば、一概に高いとは言えないのではないでしょうか。

薄毛の悩みを抱えている人にとって、自毛植毛を行うことで新たな気持ちで前に進むことができるのであれば、価値のある決断だと思います。

植毛というとかつては人工毛を使用していましたが、技術の向上により今では自毛植毛が主流となっています。

拒絶反応が少なくリスクが減ったことにより、自毛植毛への関心度は高くなっています。

その一方でなかなか踏み出せない人も多く、理由として費用が高いということが挙げられます。

自毛植毛の値段は範囲や密度により異なりますが、1回の手術で多くても5000本の移植をしており、相場としては100万円~130万円となっています。

気軽に試せるように金額ではなく、慎重になるのは当然のことです。

リスクは少ないとはいえ、高額な移植手術に失敗は許されません。

無料で行っている資料やカウンセリングを参考に自分に合った方法を選び、実績と信頼のあるクリニックを選ぶことが大切です。

安から悪かれでは植毛をした意味がありません。

100万円という金額は決して安いものではありません。

しかし、実績のある確かな技術で悩みが解決できるなら、一概に高いとは言えないでしょう。

安心して自毛植毛を行えるのであれば、とても価値があるものと考えます。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。